小林・福井法律事務所 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
取扱業務 About Business 弁護士紹介 事務所概要 About Office アクセス Access 法律相談 Contact
HOME > 取扱業務  > 離婚事件・親子事件
離婚事件・親子事件
離婚に関する相談
離婚には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚があります。夫婦間の話し合いで離婚が成立する場合には協議離婚をすれば良いのですが、話し合いで解決できない場合には家庭裁判所に対して離婚調停を申立てることになります。調停において、両者が話し合った末、離婚に合意しない場合に、裁判離婚となっていきます。
財産分与に関する紛争
離婚の際に、夫婦生活上で形成してきた財産を清算することになります。清算の割合については、具体的事案ごとに夫婦が共同財産の形成に寄与した内容を検討し、その具体的寄与度を評価して判断されます。
慰謝料に関する紛争
離婚に至った原因が相手方にある場合、婚姻破綻から離婚に至るまでの一連の行為による精神的損害に対して、慰謝料を請求することができます。
親権に関する紛争
離婚の際に未成年の子がある場合には、親権者を決定しなければなりません。これも、当事者の協議が調わないときには、裁判所が、子の年齢や父母との関係等を総合的に考慮し、主に子の利益、福祉の観点から判断します。
養育費に関する紛争
子が両親の離婚によって経済的不利益を受けないように、子どもの生活費について、子どもの年齢や置かれた具体的な状況、父母の収入等を考慮して、父母の分担額が決定され、一方が他方に支払うことになります。

取扱業務関連トピックス  
案件事例
[ 2012.07.01 ] 夫が妻に対し離婚と慰謝料を求めた事例
[ 2006.01.01 ] 財産分与を行う際の注意点
[ 2006.01.01 ] 養育費算出における問題点
よくある質問
[ 2008.03.28 ] 未成年の子の親権者はどうやって決めるのですか?
[ 2008.03.28 ] 離婚すれば,誰でも年金分割をすることができますか?
[ 2006.06.15 ] 夫婦間で離婚することに合意をしたが、離婚の手続はどうやってするのか。
[ 2006.06.15 ] 夫婦間で離婚について話し合った際に、投げやりになって離婚届に署名・捺印してしまったがどうすればいいか。
[ 2006.06.15 ] 浮気した夫から離婚を求められて裁判になった場合、裁判所はどのような判断をするのでしょうか。
ページの先頭へ戻る
取扱業務
紛争処理手順
弁護士報酬
お電話でのお問い合わせは03-3343-6088当事務所へお越しの方はこちらをご覧下さい。 HOME お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
(C)2003 K&F Law Office All Rights Reserved.