小林・福井法律事務所 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
取扱業務 About Business 弁護士紹介 事務所概要 About Office アクセス Access 法律相談 Contact
HOME > 取扱業務  > 離婚事件・親子事件 > 浮気した夫から離婚を求められて裁判になった場合、裁判所はどのような判断をするのでしょうか。
離婚についてのよくある質問
Q.浮気した夫から離婚を求められて裁判になった場合、裁判所はどのような判断をするのでしょうか。
A.自ら夫婦関係の破壊をもたらした配偶者を有責配偶者と呼びますが、有責配偶者からの離婚請求は、長らく認められていませんでした。しかし、裁判所は、別居期間が相当長いこと、未成熟の子がいないこと、相手が社会的、精神的、経済的に過酷な状況におかれないこと、などを要件として、上記の場合に限って有責配偶者からの離婚請求を認めるようになっています。
戻る
当事務所へのお問い合わせ 03-3343-6088 東京都新宿西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号
ページの先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせは03-3343-6088当事務所へお越しの方はこちらをご覧下さい。 HOME お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
(C)2003 K&F Law Office All Rights Reserved.