小林・福井法律事務所 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
取扱業務 About Business 弁護士紹介 事務所概要 About Office アクセス Access 法律相談 Contact
HOME > 取扱業務  > 交通事故 > 事故後の後遺障害を詐称だと疑われたら
交通事故事件
事故後の後遺障害を詐称だと疑われたら
交通事故で,いわゆるムチ打ち症になられる方がいます。ムチ打ち症のうち,レントゲン等で外形的に異常が見られる場合は問題ないのですが,外形上異常がないにもかかわらず痛みや「しびれ」があるというケースが多々あります。後者のようなケースの被害者が,事故後,仕事の都合などから定期的に通院しない場合,後から後遺障害の主張をしても,加害者や保険会社から詐病ではないかと疑われることがあります。

本来,被害者が我慢して通院を控えることは決して非難されるべきことではないのですが,詐病として疑われてしまう現実があるのです。おかしなものですが。

戻る
当事務所へのお問い合わせ 03-3343-6088 東京都新宿西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号
ページの先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせは03-3343-6088当事務所へお越しの方はこちらをご覧下さい。 HOME お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
(C)2003 K&F Law Office All Rights Reserved.