小林・福井法律事務所 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
取扱業務 About Business 弁護士紹介 事務所概要 About Office アクセス Access 法律相談 Contact
HOME > 取扱業務  > 交通事故 > 自動車の欠陥に起因する爆発炎上事故
交通事故
自動車の欠陥に起因する爆発炎上事故
【事故の概要】
本件は、Aさんが平成13年3月、法人B所有の自動車(車名:メルセデスベンツ、通称:S600L「本件車両」)を運転し首都高速道路を走行していたところ、突然本件車両から出火し本件車両が半焼してしまったという事故です。
当方としては、この事故の原因は自動車の欠陥にあると考え、調査した結果、本件車両のハンドル装置部分からオイル漏れてこれに引火した可能性が高いことが判明しました。
そこで、当方は、平成13年11月、本件車両の輸入業者ダイムラークライスラー日本株式会社(ダイムラー社)、及び、販売業者株式会社ヤナセ埼玉(ヤナセ社)に対して損害賠償を求め提訴したのです。

【争点】
本件訴訟における主な争点は、
@ 自動車の欠陥の有無
A Aさんに対する販売者ヤナセの責任の有無※
B 懲罰的損害賠償の可否※
以上3点でした。
しかし、ダイムラー社らは、本件訴訟において本件車両に欠陥があったことを否定しつつも、一定の損害賠償には応じる旨の主張をしたことから、@は本格的に争われませんでした。

※ 販売業者ヤナセの責任
ヤナセ社から本件車両を買ったのはAさんではなくBだったため、Aさんはヤナセ社との関係で契約を結んでおらず、契約上の責任を問うことが難しかったのです。

※ 懲罰的損害賠償
通常の損害賠償は、車の修理代や入院治療費、被害者が働けなくなったため失った給料等、実際に生じた損害についてお金で賠償するというものです。これに対して、懲罰的損害賠償とは、実際に生じた損害とは別に、加害者に対する制裁として命じられる(いわば罰金のような)賠償のことで、米国合衆国では制度として採用されておりますが、日本の裁判所で認められたことはありません。

【判決の内容】
(1)上記争点のうちA販売者ヤナセの責任については、
ヤナセ社が本件車両のリコール修理を行い、出火原因となったオイル漏れ付近を修理点検していること、Aさんが専ら本件車両を使用していたこと等を理由に、ヤナセ社は販売業者及びリコールの修理点検を行った業者として、Aさんに対する契約上の責任を認めました。

(2)B懲罰的損害賠償については、
従来の判例を踏襲し、形式的に否定しただけで、ダイムラーらの社会的責任には全く言及することはありませんでした。

(3)結果
裁判所は、Aさん及びBの請求のうち慰謝料を含む1320万円あまりの損害賠償請求を認めたに留まりました。

【判決に対する評価】
本判決は、Aさんが本件事故により身体的な怪我を負わなかったにもかかわらず、Aさんの精神的苦痛(慰謝料)を認めた点で、一定程度評価することができます。
しかしながら、懲罰的損害賠償については、従前の判例や裁判例を踏襲しただけで、特に明確な理由も述べずこれを否定しました。結局、本件判決は、事故による被害の実態や企業の社会的責任への考慮を欠く、承服できないものでした。

【現状】
本件について、当事務所は既に控訴しており、現在、東京高等裁判所にて審理中です。

戻る
当事務所へのお問い合わせ 03-3343-6088 東京都新宿西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号
ページの先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせは03-3343-6088当事務所へお越しの方はこちらをご覧下さい。 HOME お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
(C)2003 K&F Law Office All Rights Reserved.