小林・福井法律事務所 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
取扱業務 About Business 弁護士紹介 事務所概要 About Office アクセス Access 法律相談 Contact
HOME > 取扱業務  > 刑事事件
刑事事件
起訴前弁護
被疑者が身体拘束を受けている場合は、警察官の立会いなしに面会して、事情を聴取し、事件の全容と法的な問題点を把握し、被疑者の最も有利になる防御方法を検討し、被疑者にアドバイスします。また、捜査に違法がないかどうかを確認するとともに、被疑者に対して、刑事手続の概要や今後の展開、取り調べの際の注意点(黙秘権があることや、供述録取書への署名押印を拒否することができること)等を説明します。

その上で、事案によって、身体拘束を免れるよう勾留に対する準抗告を裁判所に申し立てたり、公訴提起(起訴)しないよう検察官と交渉したりします。また、公訴提起された場合に備えて、早期から裁判における防御活動のための証拠収集活動を行います。

被疑者が身体拘束を受けていない場合は、事情を聴取し、有利な証拠を収集しながら、起訴しないように、検察官と交渉します。
公判弁護
公判記録を検討し、被告人と面会して裁判への方針を相談し、示談などの活動をするなどして、裁判の準備をします。やってない事件の犯人にされないように、不当に重い処罰を受けないように、弁護活動を行っていきます。
被害者代理人としての紛争
警察に対して告訴手続(告訴状作成など)を行ったり、加害者に対して示談交渉や損害賠償請求を行います。

被害者参加制度
一定の要件を満たす被害者等は刑事事件への参加が認められており、被害者等から依頼をうけた場合は弁護士が検察官に対する参加申出等の手続きを行います。

取扱業務関連トピックス  
案件事例
[ 2013.02.01 ] 痴漢冤罪事件で逮捕・勾留された被疑者が不起訴となった事例
[ 2013.02.01 ] 懲役刑の受刑者が、病気を理由に刑の執行停止を受けて釈放された事例
[ 2012.07.01 ] 強盗致傷等による裁判員裁判の事例
[ 2006.01.01 ] リャクシキ?ソッケツ?
よくある質問
[ 2015.07.06 ] 私は医師です。数ヶ月前,飲食店で他の客から因縁をつけられて小競り合いになり,暴行事件で逮捕されてしまいました。直ぐに釈放されましたが,後日検察官に呼び出されて略式による罰金処分となりました。検察官には,正式起訴(公判請求)ではないから医師免許には傷がつかないと言われたのですが,大丈夫でしょうか。
[ 2008.03.31 ] テレビなどで「保釈金1億円!」というニュースをよく目にしますが、やっぱりお金持ちじゃないと保釈は認められないのでしょうか。
ページの先頭へ戻る
 
取扱業務
紛争処理手順
弁護士報酬
お電話でのお問い合わせは03-3343-6088当事務所へお越しの方はこちらをご覧下さい。 HOME お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
(C)2003 K&F Law Office All Rights Reserved.